2020年10月のレポートです

2020年 10月 6日 - カテゴリー: 最新釣果速報

空き状況:

今月は満席です。皆様ご予約ありがとうございました。キャンセル出たら載せます。

来月の祝日、週末は全て埋まってます。平日はまだまだ空き多数。お問合せ下さい。

12月はまだ土日祝も空いてますのでご希望の方、お早めにどうぞ。昨年は12月後半にバンディットでボッコボコ&90後半混ざりなんて日も。まだまだチャンスは続きます・・・

 

青物、シーバスと盛り上がって来てます。皆様釣行の準備は万端でしょうか?

シーバスのコノシロパターンのトップの釣り、早々に開幕しておりますが、まだまだシーズン序盤。日によってムラはあります。入れ食い状態の日もあれば、バイトが遠くて投げ倒してたまに出る様な時もあります。シブい日は折れない心で投げ倒して下さい。ペンシル各種、ビッグバンディット、そしてローライト時にはウェイクベイトも良く釣れますよ。水面ドカーンを堪能しに来て下さい♪

そして今年も早々からスタートしていた東京湾のサワラキャスティングゲーム。10月上旬の現時点でかなり広範囲にサワラが回遊しております。コハダに付いている群れもあれば、沖目で4~7cm位のカタクチイワシに付いてる群れもあります。どちらもそこそこ難易度高いのですが、カタクチに付いている群れの方がやや釣り易いので基本的にはこちらを狙いに行きます。あちこちで跳ねてますが、けっこう難しいのが現状です。折れない心と、ジャークし続ける体力、そして一番は腕と運の見せ所ですよ♪

タイラバ、最近ご希望無くてやってませんが、仲間の船に場所教えたら連発したとの事♪ 是非どうぞ♪

当船のバッグリミットです。ご了承の上でお仲間にも周知の上ご予約下さい

シーバス

キープ禁止 全てキャッチ&リリースでお願いしております。フックはバーブレスでお願いします。

サワラ

サイズ問わず・一人3本

詳しくはこちらをご一読下さい

2020年10月の釣果レポートは以下に足して行きます。パソコン開く時間限られてますので、レポートは遅れますので予めご了承下さい。

10月22日 深海魚狙い

子供用の写真絵本用にヘラツノザメを釣りたいと、生物ライターの平坂さんからのリクエストでした。

DSCN4496

福音館書店の“たくさんのふしぎ”で、いつか見れるかと思います♪

久々の東京湾口は鳥山だらけ。カツオともしかしたらキハダが周ってますね。双眼鏡で鳥山だらけの様子を見ながらアドレナリン出てた船長でした。そして・・・。

外道でヒットしたクロシビカマスを400mからの巻き上げ中、130mでガツン、50mでガツン。クロシビカマスのボディーには歯形。マグロ系の歯形でした。サットウかな?キハダかな?サットウが晴れの日中に浅い棚まで上がってるってあるのかな?カツオが船の近くにも来てたのでキハダの可能性もありますが、どうなんでしょうか? 海には毎回ドキドキさせられます。

因みに湾口は水温22.3℃。船の周りにはシイラの姿も。まだ夏のなごりの海でした。

10月21日 9hシーバス

朝一ポイントはチェイスのみで早々に見切って次へ。次のポイントはコノシロ周りでメガドッグにドカーン、ビッグバンデットにドカーン。良い感じにトップに反応してましたが、潮がたるんで来てからはイマイチ。粘らずに更にポイント回って、各所でバイトありますが炸裂しないので更に移動。中盤入った場所付近でうろうろしてると良いトコ発見。入れ食い状態でトップにドッカンドッカン。

DSCN4491

近くにいた仲間の船も呼んで楽しみました。あまりにヒットし過ぎてタモ待ちのシーバス渋滞。

DSCN4492

引き波での揺れでシーバスなびいてます。笑

一流しで30ヒット以上あったかな?ボッコボコで85.5cmで自己ベスト更新のお客様も。おめでとうございます♪

DSCN4489

因みにヒットルアーはブルーブルーのフォースガイル。良く喰ってました♪

少ししてバイト落ち着きまたウロウロしていた頃、仲間の船長からこっち喰い出したと呼んで貰い、ラストも70クラス混ざりでトップにボコボコで楽しめました。70cm未満も多い中、時々良型・大型混ざる感じで楽しめました♪ 外道に2.5キロクラスのサンパクも釣れました。↑の深海サメ釣りのエサに頂きました。有り難うございます♪

そして帰り道、サワラの鳥山見つけて、10分以上沈まないイワシ団子で投げてみると、バラシ、バラシ、ブレイク、ミスバイト・・・チーン。笑 ボーナスステージは敗北でしたが楽しく終了でした♪

10月20日 午後シーバス

一気に走って好調エリアへ。

大炸裂って感じでは無かったですが、終始トップにバイト貰えて楽しめました♪

DSCN4459

 

↓ シーバス初挑戦の方も、色々なルアー駆使して楽しんでました♪

DSCN4457

 

夕方、何故かトップに出なくなってミノーを入れると、入れ食い状態。

DSCN4473

 

↑ 本日最大は79.5cmでした。

 

ラスト1投でも全員キャッチ出来てハッピーエンドでした。

10月20日 午前ベイシャーク撮影

俺達。の秦さんの紹介で、You Tuberのマルコスちゃんがベイシャークの撮影でご来船。

DSCN4448

釣り2~3年目とは全く信じられない位にファイト上手なマルコスちゃん。短期間であれだけ上手って事は、どんだけ魚釣ったんだろう。いや、本当に上手に魚とファイトしてました。

DSCN4451e

良い感じに喰って楽しめたかと思います♪

Youtubeに後々アップされると思いますので皆様もお楽しみに♪ 北海道ではテレビでも放送するとか。詳細判ったらお知らせします。

10月19日 シーバス9h便

ゆっくり目の出船で好調エリアへGo!

開始からビッグバンディットにドッカンドッカン♪

・・・
レポート書いてる時に出船時間が近づいて参りましたので、ここで一旦終了です。また時間ある時に過去のレポート追加します。

10月4日 午後 サワラ狙い

2名様のチャーターでサワラエリアへ。朝イチ跳ねの多かったエリアは船団になっていますが、跳ね減って少ない感じ。少し離れたエリアで跳ね確認し投げてみるも、喰いません。射程で跳ねる頻度もそこそこ多く、頑張れば釣れそう♪ 跳ねはけっこう何処でも見れるので、気分転換がてらにたまに移動しながら投げ続けてると、やっとヒット♪

DSCN4314

 

ヒットルアーはサゴシチューンでした♪ 良く釣れてますね♪

お客様2名だったので久々に私も一生懸命投げ続けて・・・

DSCN4315DSCN4317DSCN4322

ヒットルアーは全てストライクジャークでした。

DSCN4320

因みにベイトは4~7cm位のカタクチイワシ。東京湾の夏~秋のサワラキャスティングの定番パターンです。ベイトにルアーサイズを合わせて行くには正直厳しいサイズ感。小さいルアーを使うと歯によるブレイクのリスクも増えます。小型のルアーを使いたくなるのも理解は出来ますが、喰うか喰わないかはルアーサイズよりも、スピード感とアクション。サワラの持ってる本能に訴えかけて釣ります。船長はストライクジャークを絶対的に信頼しているので、この日はストライクジャークを投げ切りヒットを得ました。サワラが好むスピード感とアクションを続けながら、状況に応じてスピードやダート幅を調整しながら魚の反応を伺ってみて下さい。私に言わせると色々試す中で、変えるべきはルアーではなく、スピードとアクション。最初の1本はかなり高速でジャークを入れながら。スピード感優先でダートというよりはパニックアクションな感じでヒットしました。同じパターンでもう1本ヒットでバラシ、ヒットには至りませんでしたが、高速で動くルアーのすぐ後ろの猛チェイス&ミスバイトも1回。後半、跳ねが増えて同じベイトの群れに数匹が出る事が増えて来た状況になってから、高速アクションに反応が悪いと感じたので、ややスピードダウンさせ、横に大きく飛ばすイメージでアクションを入れていって、2匹追加出来ました。

跳ねが多い中、なかなかヒットを得られずけっこう難しい感じですが、考えて、試して、信じて続けてヒットを得られると言うゲーム性の高さは最高です。最近、当船や他船含め、返り討ちに合った方も少なくないかと思います。船によってはベイトが小さいので小型のルアーを推奨しているところもある様ですが、ヒットするしないは、スピード、アクションとその組み合わせ方です。

個人的にはマングローブスタジオのストライクジャーク推しですが、ブルーブルーのブローウィン125、140、ジャクソンのピンテールシリーズ各種、OSPルドラ、メタルバイブ各種等で実績多数です。他にも色々あると思います。ルアーに関しては、私よりも詳しい信頼できる釣り具屋の店員さんに聞いてみて下さい。最近ではメガバスのマキッパでも良く喰うとの噂。私はまだ試してませんが。簡単では無いサワラゲームですが、頑張って釣りましょう!

10月13日 午後シーバス

DSCN4341e

87cm、82cm等、大型混ざりで終始トップにドッカンドッカン。ラストの寄り道でもコノシロ湧き上がってシーバス一斉ボイルで入れ食い。潮止まりの時間以外はずっと喰ってて好調でした。

10月13日 午前シーバス

暗い時間帯、最初に入ったポイントでコノシロ湧き上がってシーバス一斉ボイル!全員ヒットでスタート。

DSCN4324

デカいルアーにはデカいシーバスが喰ってました。

その後もエリア変えながらコノシロパターンのトップウォーターゲーム主体に遊んで貰い、終始バイトあって楽しめました♪

DSCN4330

最大は70後半までと、特大サイズは出ませんでしたが、ビッグバンデット、メガドッグ等を中心に良く反応してました。

10月4日 午前シーバス

ビッグベイト&トップオンリー的な感じで出船。

朝一2投目からボフッと重量感のあるいい音響かせてミスバイト。これは行けるか?と思いきやそこから苦戦。

なかなかトップに出ないので、段々と水面下のルアーへ移行・・・笑 するとすぐ釣れる。しかもなかなかいいサイズが。

DSCN4310

 

やっぱトップで釣りたい♪と、投げ続けて・・・バコン!

DSCN4312

お次は潜らせて・・・グッドサイズ♪

DSCN4313e

その後も何度かトップに出てきたりしましたが、エリアあちこち変えてもどこも厳しい感じで終了でした。

10月3日 午後シーバス

初心者の方々がとりあえず大きい魚釣りたいって事でシーバス狙いへ。

道中、サワラがあまりに跳ねまくりなので、ちょっと投げてみると1度ヒットしましたが逃げられました。惜しい♪

サワラは初心者グループには難易度高めなので、粘らずに一気に走って午前中鳥山でシーバス高活性だったエリアに行ってみると、活性下がってシーン・・・。汗 あんなにボイルしてたのに・・・ヤバい。

気を取り直して、少しでも活性のある魚探しへ。ベイト反応に当てながら、ちょっとづつ拾えて、たまにプチ連発も。

DSCN4308c

 

ジグやバイブを使ってポツポツ拾って遊んで貰いました。

DSCN4307

大連発は無し。

活性下がって難しい感じでしたが、後半はキャストも慣れてきて次回に繋がる釣行だったかと思います♪

それにしても、午前がシーバスで午後がサワラだったらどっちももっと爆釣だっただろうに・・・。なかなか予約と魚のタイミングが合いません。因みに魚の活性、勿論反対のパターンの日もあります。蓋を開けてみないと判りません。

10月3日 午前サワラ狙い

前日の跳ねのエリアまで薄暗い内に走って、様子見ながらあちこちランガン。どこもイマイチな跳ね・・・。

途中、コハダを吹き飛ばしてるサワラにルアーを投げまくったり、鳥山で入れ食い過ぎるシーバスに、今日はお前じゃないんだよ・・・と思ったりしながら、サワラを探して三千里。後半、イワシ喰いで跳ねの多いエリアで投げ倒し作戦。そのエリアの中でも、跳ねまくりの場所よりも、跳ねは少な目だけど・・・な場所の方がルアーに反応良かったり。恐らく、ちょっとしたベイトのサイズの違いかと思います。5cmなのか、7cmなのかみたいな。

DSCN4302

投げ倒して・・・ワンチャンスをモノにする!

DSCN4304

↑ ヒョウ柄の良く出たギャル系サワラ。

そろそろラストで滑り込みで1本♪

DSCN4306

もう1発ヒットあったかと思いますが、難しいサワラゲームでした。午後は更に跳ねたので、タイミングもあるかな~。

この日はサゴシチューンのピンク系にヒットしてた感じです。

2日午後便

SFPCのお二方、まだまだ背中がカツオにキハダです。

DSCN4299

プロの腕を持ってしても、サワラは殆ど跳ねない、シーバスも低活性でトップに反応悪い。それぞれ自社ルアーでシーバスのバイト数回で終了でした。翌日は相模湾でカツオ・キハダのジギングに行ったとか。無尽蔵の体力です。釣行回数が経験値となり、製品へフィードバックされてますね。

10月2日 午前便 前回良い想いをしたお二方、せっかく調子いいから・・・と、オカワリ釣行へ。

迷わず絶好調のエリアに入ると、あれ?コノシロ消えてる・・・。かわりにイワシの反応が沢山。数投してみると、デカトップに反応してくる魚居ましたが、コレをやりに来てる訳じゃないのでエリア変更。

道中、サワラの跳ねがあり、投げてみるもヒットしないので、粘らず移動。

移動先にもコノシロ。しかし、シーバスが反応して来ない。更にエリア変えて、再度コノシロ見つけて当てていくと、ビッグバンディットにドカン!メガドッグにもドカン!

DSCN4296c

良い感じに大型トップに反応してきました。

DSCN4298e

しかし、開始2流しは良い感じにドカドカ出てくれましたが、潮が緩んで終了。

更にエリア変えてみるも活性上がらずで終了でした。

10月1日 オフショア便

キハダ釣りたいとの事でのお一人様チャーター。沖に出て早々にキハダを追ってる鳥が沢山。誘い出しでトライするも出て来ない。一度キャスト範囲内で単発でボイルしましたが、続かずチャンスになりません。沖に出てみると波風酷く、更に沖は断念。やれる範囲で探してると、夕方に鳥ブンブンのエリア見つけて、キハダの跳ねも確認。カツオが多い印象。何度も鳥山のキモにつけますが、キハダのチャンスになりません。段々と魚入れ替わってしまい、後半はシイラの鳥山だらけになって終了でした。

 

 

 

 

2020-10-06  »  fishtokyo

▲ページトップへ

facebook ページはこちら

©Tokyo Bay Fishing Charter - fishtokyo.com - All rights reserved.