Tag Archives: コノシロパターン

ビッグバンディットオリカラ

あっと言う間に予約受付終了しました。ご予約頂いた皆様有難うございました。

残り数本ですが、モノが来た際に船上で欲しいと言われた際にとって置きます。9月頃にご乗船の方はチャンスあるかも?

Knot Enough × Transcendence コラボ企画。

マングローブスタジオ様より、ビッグバンディットオリカラのサンプルがあがって来ました。せっかくだから一緒に作って一緒に販売しようよ・・・と、トランスセンデンスさんに声かけして貰ったので、オリカラ2色あります。

バンディットオリカラ_210514_0

メーカー側でも注文殺到で作れる数に限りがあるとの事で、うちで確保出来る数は極少数です。

9月頃に製品が仕上がって来る予定です。お1人様各色1本限定(1セット2本まで)でご予約受付けます。(予約販売分は終了しました)当船にご乗船のお客様に使って頂きたいので発送はしませんのでご了承下さい。ご予約頂いた方にご乗船の際に販売します。使いたくて欲しい方が沢山居ますので、転売目的での購入は絶対におやめ下さい。数量に限りがありますので、欲しい方はお早めに連絡下さい。ご予約頂いた場合でも、年内にご乗船になられない場合はこちらでキャンセルとさせて頂き、他の欲しい方に回しますのでご了承下さい。

購入当日に使いたい方も居るかと思います。推奨フックはマングローブスタジオより販売予定のビッグバンディット用アシストフックです。ベリーが2本、テールが1本です。フックが軽いのでアクションも軽快。昨年、テストをずっと見てましたが、フックアップ率も良く楽しみです。#5のスプリットリングをご用意下さい。トレブルフックご使用の場合はオーナーのSTT-33ドラゴン太刀の#18(2/0)がお勧めです。細軸バーブレスで軽いのでアクションも軽快でフックアップ率も良いですが、メーカー想定外の使用方法ですのでドラグを上手く使って走る時は走らせる様なファイト方法で使用して下さい。接続リングは#5を前後それぞれダブルでご用意下さい。

ビッグバンディットはどのカラーがいいですか?と良く聞かれます。私から聞いた方も多いかとは思いますが、カラーよりもアクションです。どう動かすか、どこでポーズを入れるか・・・で、出方が明らかに変わります。99パーセントはアクションの付け方です。水温やベイトの状況、水温や水深、魚のレンジ等で有効な動かし方は変わってきます。ほぼ全ては動かし方で決まります。釣果だけを考えるとカラーはあまり気にしなくて大丈夫なので、カラーはお好みで選べば良いかと思います。ごく稀に、明らかにキラキラ系だけに反応が良い時があります。が、本当に稀なケースです。通常や活性の良い時はカラー関係無しです。好きな色で釣って下さい。

個人的に好きなのは、レッドヘッドです。シーバスと言えばラパラ・ボーマー・レッドフィンの時代を覚えてる方も居るかと思いますが、ビッグバンディットも、レッドヘッドが「らしい」感じで好みです。そして、昨年良く使っていたのは小平商店のオリカラのオレンジコーチドッグです。視認性最強のカラーで、古き良きザウルスのペンシルを彷彿とさせるコーチドッグがまた良いですね。欲しい方は是非小平商店さんに行ってみて下さい。

前置き長くなりましたが今回のオリカラについてです。

今回の2色、フルグローとサンライズチャートコノシロになります。

グローについて

バンディットオリカラ_210514_3

何故グローなのか? 大の大人が家で光当ててから暗い場所で光るの確認して満足・・・。グローなんだから光るの当たり前ですが、実に多くの皆様がやる事かと思います。そんな家でのひと時も釣りの楽しみの一つかと思いますので、皆様にもそんな楽しみ方をして欲しいな・・・と、グローにしてみました。実際に使うのはほぼ日中だと思いますので、ボーンに近い膨張色ですので、視認性はそこそこ良いかと思います。マヅメの薄暗い時間に淡く光ってても、視認性にはあまりプラスにはならないのかな?とは思ってますが、是非デッキライト当てて光らせてから投げてみて下さい♪

サンライズチャートコノシロについて

バンディットオリカラ_210514_2

もう1色は上でも書きました通り、ごく稀にキラキラが効く事があるので。キラキラ系です。王道のコノシロカラーベースに、サンライズチャートはトランスセンデンスの定番オリカラでもあります。今では廃盤になったビッグバンディットのオフショアシャッドカラーはトランスセンデンスのアマゾン釣行の際に作ったとか聞いた様な?以前にあったオフショアシャッドよりも、少しチャートの部分が広くなってる・・・のかな?ついでにコノシロベースでグローベリーになってます♪ こちらも釣行前後に必ず家で光らせて楽しんで下さい♪

SFPCを通じて付き合いの深いトランスセンデンスとノットイナッフ、そしてマングローブスタジオ。少量ではありますが、和気藹々と話を詰めながら作った我々のコラボ商品をお届け出来る事を大変嬉しく思います。

欲しかったのに手に入らなかった・・・と言う方も少なからず出てしまうかとは思いますが、予定としては来期も作ろうと思いますので買えなかった場合も楽しみを1シーズン据え置きでお待ち下さい。