Tag Archives: キハダ

2019年8月の釣果写真

暑い日々が続いてますね。おかげ様でシケの日以外は海の上で過ごしています。そして電波が悪かったり、忙しかったりで連絡が取り辛くなっていて、ご迷惑をお掛けしております。申し訳ございません。電話番号2つご用意してますので、スケジュールの確認等、私の携帯で繋がりにくい場合は是非ご利用下さい。

8月頭には上架整備でアノード全部とインペラ、ギアオイル等を交換して、船底も塗り替え。夏の魚本番に向け、船速アップしときました。

最近の様子ですが、オフショアのキハダが絶好調です。シケで中止になった方々に申し訳ない位に、出れればチャンスだらけ。過去5出船で22ヒットの8本ゲット、乗らないバイトは更に沢山。上がったのは、37kg、36kg、35kg、32kg、30kg、27kg、26.5kg、25kgクラスリリース等。皆様のおかげでキハダ狙い5連勝中です。どこまで連勝記録伸ばせるか楽しみです。40~50キロサイズも跳ねてて、バラシやブレイクした中にはでっかそうな奴等も・・・。キハダ好きな皆様、是非この波に乗って下さい♪

シイラは・・・皆様キハダ釣れてるなら・・・とキハダご希望なのでシイラすっ飛ばしちゃってるので良くわかりませんが、これから8月下旬、9月と時期的にはシイラ増えて来る時期です。こちらはライトタックルで楽しいターゲットですね♪

近場の今年のタコの爆釣劇は一段落って感じです。サイズは上がりましたが、数が出なくなりました。それでも1~2時間でお土産程度には釣れますので、ご希望の方はどうぞ。あと、持ち帰り制限一人4匹までとさせて下さい。尚、当船はタコ以外にもバッグリミットを設けております。シーバスは今年より周年でキャッチ&リリースを御願いしています。その他魚種に関しましてもバッグリミット内での持ち帰りを御願いしています。ご了承の上でご予約、ご利用下さい。バッグリミットやサイズリミットに関してはこちらのリンクを参照して下さい。

これから9月の半ば位になって来ると、またシーバスが良くなってくると思います。青物ジギングも9月は面白い時期ですよ。去年はブリサイズも含めて遊んで貰いました。あと、最近はご希望頂きタチウオなんかもやったりしてます。

通年遊べるベイシャークなんですが、今月は2回苦戦してます。喰ってもすぐ離したり、離しても普段はすぐ追い食いするのに、そのまま居なくなったり・・・と、サメちゃん達の元気が無い感じですね。8月下旬には水温下がり始めるので今後に期待です。

空き日程です。今月もまだ空きありますので是非ご利用下さい。

22日、23日空き

26日、27日空き

3日、4日、5日、7日,8日

9日以後平日ガラガラです。問合せ下さい。

15日、16日空き

今月の写真です。

8月18日

シケ後の凪。午前便はイギリスからのお客様。駆け足でシーバス、タチウオ、タコと周りました。どれもバクバクは無く、姿見た程度。

DSCN2636

それでも釣り自体が初めての方2名、何とか釣って貰えました。

18日午後 オフショア便

今回もキハダ狙い。シケ後で場所変わってるだろな~と、ある程度の迷走も覚悟しつつ出ましたが、すぐにキハダ発見!

DSCN2639

GPCのハードノーズ180にて、37キロゲットでした!

他にも激熱ナブラ多数。GPCのサーペンポップで2度バイトあるも、両方ともアワセが決まらず即ポロリでした。キハダちゃん達、デカいの沢山居たのでこれから楽しみですね。

8月17日 ベイシャーク便

オフショアがシケで中止のところ、急遽ベイシャーク行きたいとのリクエストでお昼前から出船し真昼間に狙ってみたところ大苦戦。せっかく喰ってもすぐ離す。アタリが出て乗ったと思ったら外道の大物アカエイだったりで今年初の撃沈。合間にタコエギ落としてお土産はゲット出来ました。

8月13日 ベイシャーク撮影

テレビ番組の撮影でベイシャーク狙い。サメ君の活性悪く、何度も喰うには喰ったのですが、上手くヒットせず。一旦休憩を挟んで夕方に何とか1本ゲットしました。

DSCN2574

8月12日 タコ釣り撮影

YouTubeの動画撮影で女の子2名がタコ釣り。なかなか乗らない&乗っても途中で外れたりしながらも何とかタコキャッチ♪ その内どこかのYouTubeに出るかと思います。当船のお客様なら、あ、これKnot Enoughだ!って判るかな?

8月11日 色々便

朝一は連日好調のシーバスポイントに行くも・・・シーン。裏本命のマゴチはゲット。

DSCN2568

次がタチウオの予定だったので、エリアで粘ってみましたが、終わってました。次のタチウオは、ポツポツ釣れる感じで皆様お土産ゲット。指5本サイズも混ざってましたが、サイズは本当に選べない感じで指2.5~5本位まで、色々でした。

ラストにタコ釣り。

DSCN2570

タコ釣り初めての方々もゲット♪

DSCN2571

 

数は伸びないものの、皆様お土産ゲット出来ました。

8月10日 オフショア便

キハダ・カツオ狙いで出船。一発目は、誘い出しに出て来た大きなカツオ。

DSCN2560

ルアーは先日私もキハダを釣ったGPCのプロトです。ウエイト配分違いですが、これもいい仕事しますね。製品化、早く!笑

その後、あちこちでナブラ発見。激熱のナブラもチラホラ。

そして、GPCのサーペンポップにヒット!

DSCN2567

初キハダおめでとうございます。32キロでした♪

その後も激熱のハミでヒットしたり、移動中の群れで誘い出しにドカ~ンと出たりするも、バラシ&ブレイクで船に入らず。けっこうドラグ強めにかけてるのに一気に150m位走られたり、トップなのにリーダーが歯に当たって切れたり等、チャンスは沢山あって楽しめました。50キロありそうなデカいキハダも跳ねてたので、逃げられた奴らはもしかしたら・・・?

結果、キハダ6ヒットで1本。捕れたのはサーペンポップ、他にもサーペンポップで2ヒット。GPCのプロトでも1ヒット、キクチのバブルスイマーで1ヒット、シンキング(オズマだったかな?)で1ヒットでした。

 

8月8日午後便 タコ~タイラバリレー便

午後スタートでまずはタコから。アベレージも良く、2kgサイズ主体にポツポツ乗りました。

 

DSCN2555c

夕マズメはタイラバに行くも、最初のポイントでらしきアタリが数回あったのみで、その後可能性を求めて動いたのが失敗。真鯛上がらずでした。

8月6日

イギリスからのお客様。Walk with Dinosaurと言うショーの司会を務める有名なお方らしいのですが、毎年ショーのために来日した際には遊びに来てくれます。

今、何が釣れる?との問いに、アレコレ説明したところ、フラット狙いとタコ狙いのリレーで出船。

DSCN2554

お見事、良型のマゴチをゲット!お次はタチウオでしたが、船団のためうちのカメラでの写真は無し。ラストにタコ。

DSCN2552

1.5~2kgサイズ主体に釣れ、東京湾の夏の釣りを満喫しました。

8月5日

YouTubeの動画撮影で出船。タコ釣りからスタートすると、釣り初心者の女性でしたがポツポツ乗って楽しめました。後半はイソメつけて餌釣り。真鯛が釣れたり、キスが釣れたりしましたが、連発する感じではなく、本命と思ってたイシモチは上がらずでした。

8月4日 オフショア便

青物、シイラの様子あれば止まりますか?との問いに、キハダオンリーとの声。

しばし走って・・・、ハミ発見。しかしチャンスメイクならず。その後も同じ群れを追尾してるとトビウオ追いかけて散発のボイルになったり、瞬間的にハミになったりしながら、こういう特定のエサ偏食じゃない群れはルアー喰うんだよな~なんて思ってると、足を止めてサメ付きの激熱に発展。

DSCN2547e

で、ダブルヒットからの・・・

DSCN2551

 

1本ゲットしました。26.5kgでした。ヒットルアーはシマノのマンマサ―ディーンのクリア系。自己ベスト更新との事でおめでとうございます。3号位のシイラの道具で10分ちょっとですんなり寄せました。ラストの誘導も上手でタモも入れ易かったです。

因みにもう一本はサメでした。見えるとこまで寄せて、サメと確認後にテンションかけてサヨナラ。

その後、小チャンスを何回かやりながら激熱を待ってると、遠くで鳥山。よし、行こうと思ったら、同時に近くで激熱ボイル発生で近い方に変更。水面で広範囲にボイルしまくり!これ、トップで喰いますよ!と声をかけ、スタート。ボイルがどんどん近づいて来たのでプレッシャー与えない様にエンジンを切る。すると、どんどんヒートアップして360度どの方角も船のキワから50~150m先までボイル。壮絶でした。あまりの激熱に、後から2艇追加で参加してきました。全員ヒットするかな・・・と、思いきや、ルアーが合ってないのかお一人のみヒット。もう一人バイトあったとの事でしたがフックアップせず。後から来た船から森君~!と声がかかる。目をやるとマングローブスタジオの上屋敷さんがプライベートで遊びに来ててファイト中。後から来て、即ヒットさせてました。流石にプロは一発で喰わせますね。2艇追加で来て、それぞれ1キャスト位のチャンスがあった所でチャンスタイム終了。うちの船は優に3分以上ボイルの真っ只中で、その景色が見れるだけでもラッキーな感じでした。因みに上屋敷さんが喰わせたルアーはボラドールの170Fだったそうです。シンキングを投げていた方が多かった当船のお客さん達に、上屋敷さんから今のはトップでしょ~!と、アドバイス。この見極め、大事ですね。タックルが最低2セット要るのはこのためです。上にもある様に、シンキングで仲間が一本上げてたのでシンキングを投げたくなるのはわかりますが、ボイルのし方での見極めが大事です。ぎゅっと固まったベイトボールの場合はトップでもシンキングでも。今回の様に散らばったボイルの場合はトップ。この時、シンキングがタックルにセットされてたら、とりあえずシンキングでもいいので投げ込んで、表層を意識して巻いたりジャークしたりで誘うのもアリですが、基本的にはトップのパターンです。レポート読んでる皆様も是非知識として持っておいて、本番に備えておいて下さい。

因みに当船でのファイト、本日2本目のファイトでギブアップ。交代した方もギブアップ。そんなこんなしてたら外れちゃいました。激しいボイルだったので、もしかしたらスレだったのかも知れません。スレだとファイトかなりキツイのは私も体感済みです。もう、バレてくれ・・・って思った事が以前にあります。そして、想いが通じてバレてくれました。笑 その30分後にはもう1ヒットさせて5分で上げたので、掛かり所によってはキハダもかなりキツイと思った次第。今回も恐らくそんな感じでしょう。

そんなこんなで、コレをラストに海は静まりかえってしまい終了でした。この所、キハダ狙いは3回行って、6本。ハズシ無しです。次のチャレンジャーの方々にも期待したいですね。